抗がん剤治療とは

注射がん治療にもいろいろな方法がありますが、抗がん剤を用いた治療はもっともよく知られた存在ではないでしょうか。化学療法、薬物療法とも呼ばれる治療法ですが、この方法で治療を受けているがん患者さんもたくさんおられます。薬物を投与することによって癌細胞の増殖を抑えるという治療で、薬を服用しながら治療を進めることもあれば点滴や注射などで直接抗がん剤を注入するようなこともあります。入院したまま治療を受けることもありますが、通院で外来治療を受けるような患者さんもいます。

抗がん剤治療はがん細胞の増殖を防ぐには効果的と言われていますが、致命的なデメリットもあります。それが副作用の存在で、さまざまな副作用に苦しめられている患者さんも大勢います。吐き気や嘔吐、発熱といった副作用もありますし、手足のしびれや疲労感を感じることもあります。

また、毛の根本にある細胞が抗がん剤の影響を受けることによって脱毛してしまうこともあります。もちろん、これらの副作用には個人差もありますが、こうした副作用が起こりやすいというのは大きなデメリットではないでしょうか。なお、NK細胞療法ではほとんど副作用が起きることはないといわれています。